あおもりいのちの電話から

※新規ウインドウで開きます PDF印刷Eメール

理事長   石川敞一

ぜひ仲間に!

危機的と思われる中で、わたしたちの発する問いは、大きく分けて「なぜ存在するのか」「何のために存在するのか」「なぜわたしにこんなことが」の3つあるように思われます。

  1. 「なぜ存在するのか」との問いは、病気や障害、加齢や失業etcによる、「何かをする」ことに焦点を当てることによる価値観からくる叫びです。
  2. 「何のために存在するのか」との問いは、人生の目的に対する叫びですが、誰をも納得させる究極の答えは無いといってよいでしょう。人は最後には死を迎えるからです。
  3. 「なぜわたしにこんなことが」との問いは、大なり小なり誰もが経験するもので、不条理と思われることに対する叫びです。

いのちの電話には、わたしたち相談員自身も未解決な、以上のような魂の叫びが寄せられます。
研修を重ねながらも、たじろぎの中で「共に命を与えられているもの」として、ひたすら耳を傾けています。共に、この星に生きるものとしての絆を深めるために。

わたしたちは、多くの方々に支えられつつ、15年間「共に生きる」ことを祈りつつ小さな歩みを続けてくることができました。
今日まで関わり、助けてくださった多くの方に心から感謝いたします。これからもよろしくご支援くださいますようお願いいたします。

さらに、この命の輪を拡げていくために新しい仲間を求めています。ぜひ、あなたも相談ボランティアとして、また資金ボランティアとして仲間に加わってみませんか。
きっと素敵な友と出会えます。心からお待ちしています。

いのちの電話とは・・・

私たちのまわりに、さまざまな問題をかかえて孤独と不安に苦しみ、ひとりで悩み、生きる力を失いかけている人が少なくありません。
『いのちの電話』は、そのような人達と心をかよわせ、ふたたび生きる喜びを見だしていかれることを願いつつ、ボランティアが電話を通じて、よき友人、よき相談相手となり、ともに生きる幸せの輪が広がることを願っています。

無料の電話相談です。
名のる必要はありません。
宗教や思想を尊重します。
秘密は必ず守ります。
電話相談員は所定の訓練を終了した人々です。

ひとりで悩んでいませんか?また、近くにそのような方がいませんか。
私たちに話してください!
TEL 0172-33-7830