いのちの電話とは・・・

私たちのまわりに、さまざまな問題をかかえて孤独と不安に苦しみ、ひとりで悩み、生きる力を失いかけている人が少なくありません。

『いのちの電話』は、そのような人達と心をかよわせ、ふたたび生きる喜びを見いだしていかれることを願いつつ、ボランティアが電話を通して、よき友人、よき相談相手となり、ともに生きる幸せの輪が広がることを願っています。

 

フリーダイヤル自殺予防いのちの電話(毎月10日)

毎月10日に「自殺予防いのちの電話」を実施しております。
時間は午前8時から翌日の午前8時です。

フリーダイヤル
0120-738-556

 

青森県民のための自殺予防フリーダイヤル

0120-063-556(こころ)

2010年6月1日より実施
毎月1日 12:00〜21:00

県内にお住みの方のみ、フリーダイヤルでおつなぎします。

 

あおもりいのちの電話 公開講座

※新規ウインドウで開きます PDF印刷Eメール

最終更新 2017年 2月 05日(日曜日) 16:58 作者: Administrator 2017年 2月 05日(日曜日) 16:42

テーマ:ちょっといい人生のつくり方

■講 師:福聚寺住職、作家 玄侑宗久(げんゆう そうきゅう)

■職歴・経歴

1956年福島県生まれ。慶応義塾大学文学部中国文学科卒業。現在は臨済宗福聚寺住職。福島県警通訳。

2001年「中陰の花」で第125回芥川賞受賞。2007年には柳澤桂子氏との「般若心経 いのちの対話」で第68回文藝春秋読者賞を受賞。同年10月には徘徊をテーマにした『龍の棲む家』(文藝春秋)を刊行した。

ほかに著書として『水の舳先』『アブラクサスの祭』『化蝶散華』『リーラ』(以上、新潮社)『御開帳綺譚』(文藝春秋)『祝福』(筑摩書房)などの小説、および『禅的生活』『現代語訳 般若心経』『死んだらどうなるの?』(以上、筑摩書房)『私だけの仏教』などの仏教関連本も多く、養老孟司氏、鈴木秀子氏、瀬戸内寂聴氏、村上和雄氏、有田秀穂氏などとの対談も刊行されている。

 

日 時 2017年3月9日(木) 18:30~20:00(開場 18:00)

会 場 弘前市民文化交流館(ヒロロ4F)

定 員 100名(先着順)

入場無料(事前にFAXでお申込み下さい。※定員になり次第、締め切りさせていただきます。)

お問い合せ先/あおもりいのちの電話事務局 TEL.0172-38-4343 FAX.0172-38-5355

FAX用紙をダウンロードする。

 

あなたも聴き上手になりませんか?

※新規ウインドウで開きます PDF印刷Eメール

作者: Administrator 2017年 2月 05日(日曜日) 16:28

テーマ:『あなたも聴き上手になりませんか?』

 

内容としては、いのちの電話活動紹介、ストレスチェックなどです

 

時    2017年3月20日(月・祝) 14:00~16:00

ヒロロ・3F イベントスペース

入場 無料 事前申込不要